AG株式会社


GWも近づき、連休中にお家をキレイにしたいなと思われている方も
多いのではないでしょうか?

お家を片付けるついでにカーテンも変えてみませんか?
カーテンを変えるだけでもお部屋の雰囲気が変わりますよ。

カーテンを変える時のポイントですが
「窓の大きさに合わせなくてもいい」
です。

「どうゆうこと?」
と思われるかもしれませんが
カーテンは幅や長さを大きめにするとお部屋が広く見えたり
外気の影響を受けにくくなります。

例えば寝室。
腰窓がある場合、一般的にはカーテンの長さは窓のサイズに合わせますよね。
そして、近くにベットを置く。
特に冬に感じやすいと思いますが、
カーテンの隙間からベットの方に冷気が流れてきませんか?
冷たい風の出口にがベット付近にきてしまうのです。

そんな場合は、床までの長さのカーテンにするのがおすすめです。
そうするとベッドの所で風が出てこないので、
今より快適におやすみいただけますよ。
窓は断熱性が壁よりも弱いのでカーテンを工夫すると冷暖房の効率もアップします

カーテンを天井付近から床まで、幅も窓より大きくすると
お部屋が広く感じ素敵になります。
壁の下地がある場合はカーテンレールの位置を変えてもいいかもしれません。
(下地のチェックは忘れずに!!)
新築、リフォーム中の方はぜひ、ご検討くださいね。
洗ったりお手入れが大変だけどメリットも大きいのです。

これでバッチリ!健闘を祈ります!
20220427

<< 前のページに戻る